スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

新しいお取り扱い先

コメント0 
CCJクラフト見本市でお声掛け頂いた、新しいお取り扱い先のご紹介です。

仙台でネットショップを運営されている Starry さん。

starry.jpg




東京、代々木公園そばのお店 黄魚(きお)さん

kio.jpg



関連記事
ヤキモン  2013.03.25

「世界一」美しい、キッチンツール

コメント0 
世界文化社発行の「世界一」美しい、キッチンツールにswingを掲載していただきました。


sekaiichi_20130320025841.jpg

以前掲載していただいた料理通信の巻頭連載から、66アイテムをピックアップして書籍化!
テキストも料理通信の記事から改めて書き直していただいたそうです。

超有名デザイナー、世界的企業の商品と一緒に並べていただけて、とても嬉しいです!!

発行は昨年末だったようですが、掲載されていたことも知らず、今日入手しました〜



IMG_4872.jpg
関連記事
ヤキモン  2013.03.20

pomme で神経衰弱

コメント0 
ひとり神経衰弱。

フタと身の組み合わせは一個一個合わせてみて、ピタッとくるのを見つけます。これが意外と時間がかかります。

鋳込みの時の泥漿の状態、水分量、焼成の温度の微妙な差で結構大きさが変わってしまいます。

相方の見つからない、独り身が結構いますが、今日は良縁に恵まれたようです。

IMG_0316.jpg
関連記事
ヤキモン  2013.03.17

CCJクラフト見本市 報告その3

コメント0 
会期翌日は一日東京巡りをしてきました。


2013021014.jpg

ヒカリエ



2013021015.jpg

アオヤマ



2013021016.jpg



2013021017.jpg

良かった、pomme 置いてあった。



2013021018.jpg

シオドメ



2013021019.jpg



2013021020.jpg

チケット買うのに30分待ち。。。



2013021021.jpg

天才かどうかはわからないけど、すごく巧いし、これこそ現代美術だと思った。



2013021022.jpg
関連記事
展示  2013.02.10

CCJクラフト見本市 報告その2

コメント0 
2013021005.jpg

ホールで開催していたクラフト食堂では、出展者の提供しているテーブルや椅子、器を使って食事ができました。
栄木先生とランチ。



2013021006.jpg

デザインモリコネクションの小田さんと、パナソニック汐留ミュージアムの岩井さんとイタリアン。
直径40cmくらいの巨大ピッツァ。
小田さんごちそうさまでした。



2013021011.jpg

白樺でできた筒型のボックスと、カエデのスプーンを購入。



2013021012.jpg

トートーニーさんでスリッパを購入。
関連記事
展示  2013.02.09

CCJクラフト見本市 報告その1

コメント0 
2月7日から2月9日の3日間、CCJクラフト見本市出展のため、池袋へ4泊5日の出張。


2013021001.jpg

会場はフランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館。

思っていたより大きくない建物でしたが、内部には様々な空間が。
丸3日缶詰めでも居心地のいい空間でした。



2013021008.jpg

僕の属する展示室Aは陶磁器デザインの5テーブルとガラスの5テーブル。



2013021003.jpg

森正洋先生と、栄木正敏先生の間です。



2013021002.jpg

壁面にも各々のディスプレイ。



2013021004.jpg

別棟の講堂。



2013021009.jpg

光が気持ちいいホール。



2013021010.jpg



2013021013.jpg

見本市が終わり、撤収後の本来の風景。

3日間お世話になりました。
関連記事
展示  2013.02.09

CCJ クラフト見本市2013

コメント0 
2月に東京池袋の自由学園 明日館にて開催される
CCJ クラフト見本市2013 に出展します。


2月7日(木)バイヤー、プレスのみに公開
2月8日(金)、9日(土)一般公開、展示販売

10:00〜20:00 (最終日は17:00まで)

自由学園 明日館
東京都豊島区西池袋2-31-3

03-3971-7535



CCJクラフト見本市2013



「クラフト」とは、手仕事によって生み出された日用品のこと。

見本市に参加する作り手は様々。
代々続く老舗から若手のクラフト作家、
デザイナー、産地問屋、町工場など、
日本国内でクラフトの製造販売にたずさわる人たちです。
手仕事で作られた日用品は、大量生産が出来ません。
それゆえに出会いが大切だと、CCJは考えます。
誠実な作り手と、見る眼のある結び手、暮らしを大切にする使い手。
三者がうまく結びついたとき、クラフトは暮らしの中に浸透し、
私たちを豊かに変えてくれます。
(DMより)



全国から119組のつくり手が集まります。
たくさんの作家さん、デザイナーさん、その作品と出会うのが楽しみです。
フランク・ロイド・ライトの建築での展示というのもとても楽しみです。

会期中、常駐して慣れない接客をさせて頂きます。
会場のコマ割りで両隣が、恩師の栄木正敏先生、森正洋先生の製品を取り扱うデザインモリコネクション、その隣がセラミックジャパンさん、と一緒に並んでいいものかと恐縮しているのですが、頑張ってきます!
関連記事
展示  2013.01.24

プロフィール

ttyokzk

Author:ttyokzk

カレンダー

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

08  07  06  05  03  02  01  12  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 

カウンタ

リンク

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。